Jean Paul Gaultier 【パンクでアバンギャルド、独創的な世界観と鋭角な切り口を見せる伝説的なブランド】

Jean Paul Gaultier 

 

 

このブランドの基本情報やデザイン、人気アイテム、中古相場まで大解説!

 

 

Jean Paul Gaultier の基本情報

ブランド名 Jean Paul Gaultier  (ジャンポールゴルチエ)  
デザイナー Jean Paul Gaultier (ジャンポールゴルチエ)  
フランス
立ち上げ時期 1976〜(プレタポルテは2015SSで終了)

 

 

定価の値段帯

Tops 約€150〜
Bottoms 約¥€220〜
Outer 約¥€890〜

(公式オンラインサイトでの価格より 2022年09/19時点)

 

Jean Paul Gaultier の特徴

Image may contain Human Person Crowd Skin Audience Clothing Apparel Interior Design and Indoors
https://www.vogue.com/fashion-shows/spring-1994-ready-to-wear/jean-paul-gaultier/slideshow/collection#2

ジャンポール・ゴルチエの特徴といえば独創的なアバンギャルド性という点でしょう。

 

 

今でこそ当たり前になりつつある性差に捕らわれないメンズスカートなどのアイテムや

ジャンポール・ゴルチエ 2012-13年秋冬メンズコレクション - 英国のストリートとクラシックな要素が融合 - 3
https://www.fashion-press.net/news/3965

 

性をあえて強調したコーンブラなど

JEAN PAUL GAULTIER、エモーショナルな演出で50年のデザイナー人生に終幕!【オートクチュール速報】
https://www.vogue.co.jp/fashion/article/2020-01-23-jeanpaul-gaultier

 

今見ても昔を感じさせないコレクションらしいアイテムを展開しています。

 

 

 

 

Jean Paul Gaultier のデザイナー

https://www.wwdjapan.com/articles/944143

 

ジャンポール・ゴルチエは針子の叔母から洋裁を学び、独学でデザイナーを目指した人物です。

 

1970年にピエールカルダンに弟子入りし経験を積み、1976年に自身の名を冠するジャン・ポール・ゴルチエプレタポルテコレクションでデビューします。

 

翌年には今は亡きヴィアバスストップの専属デザイナーになり大躍進、

 

マリリンマンソンやマドンナの衣装を手掛けるなど活躍します。

 

そうして知名度と実力を買われ04SS~10AW間のHERMÈSのデザイナーを務めます。(ちなみに前任はマルジェラ、後任はルメールです。流石はエルメスですね笑)

 

そんなゴルチエですが15ssを最後にプレタポルテのコレクションを終了し、以降をオートクチュール及び香水のみに切り替えます。

 

次いで2020年にはゴルチエ自身が手掛けるオートクチュールも引退します。

 

それ以降はブランド自体は継続しゲストデザイナーを迎え入れての形となりました。

 

21年の7月にsacaの阿部千登勢、22年の1月よりY/PROJECTのグレン・マーティンスが務めています。

 

 

 

 

Jean Paul Gaultier のコレクション

Image may contain Human Person Clothing Apparel Fashion Runway and Pants
https://www.vogue.com/fashion-shows/spring-2007-menswear/jean-paul-gaultier/slideshow/collection#7

 

Vogueに94年からのコレクションがまとめられています。

 

一部飛んでいる年もありますが見ごたえばっちりです。

 

ぜひ自身のコーデに活用したりしてください。

 

Jean Paul Gaultier News, Collections, Fashion Shows, Fashion Week Reviews, and More | Vogue

 

 

Jean Paul Gaultier の中古相場

 

中古での値段帯

 

Tops 約¥3000〜
Bottoms 約¥3000〜
Outer 約¥5000〜

 

 

Jean Paul Gaultier を中古で買う場合

基本的にアーカイブと言われるアイテムなどはかなりの高額での販売となっております。

 

一方でオンワードでのライセンス品やキッズ、デザインのシンプルな物はゴルチエながらお安い金額となっています。

 

そのため相場が二分化しており時々掘り出し物が見つかったりします。

 

ちなみにメンズ物は数が少ないので高額化しやすいです。

 

 

Jean Paul Gaultier を売る場合

先述の通りアーカイブ品は高価格での販売が可能なため売却価格もお高くなっています。

 

一方のライセンス、キッズ、シンプルな物はそこまで高い金額にはなりません。

 

ちなみに売るのであればメルカリなど個人間取引や宅配買取が高価格での売却が可能です。

 

筆者オススメの買取業者は下記にございますのでよろしければご確認ください。

 

 

中古通販サイト

 

楽天

 

 

メルカリ

 

古着バイヤーが見つけたおススメアイテム

元リユース古着店の僕が見つけたおススメアイテムがこちら!

 

 

 

やはりゴルチエと言えば外せないのがタトゥースキン ですね。

 

着るだけでらしさとカッコよさを得られる人気アイテム。

 

中々サイズ的に着れる人は少ないですが着れる人はおススメです。

 

ぜひ気になった方はチェックしてみてください!

 

 

Jean Paul Gaultier を取り扱っているショップ

 

 

公式オンラインショップにて香水、アパレルの取り扱いがございます。

 

 

 

外部サイト

公式サイト

 

FASHION PRESS

 

楽天

 

ZOZOTOWN

 

Jean Paul Gaultier を売るならこちらの宅配買取がおススメです

僕自身、店舗にてお客様のお洋服を査定するお仕事をしていました。

 

そんな私がおススメするのがこちらのキガエルという買取サイトです。

 

なぜキガエルを進めるのか、その理由は

 

①鑑定士の圧倒的な査定キャリア ②どんな状態でも買取可能 ③独自の販売ルートを多数所持 の3つです。

 

詳しく解説すると

 

①鑑定士の圧倒的な査定キャリア

アパレルに特化した買取を行って約10年~20年のスタッフが多数在籍しています。

 

そのため相場変動の激しいアパレル衣類の買い取りにリアルタイムで対応、値段に反映しています。

 

(ちなみに全国チェーンのリユースショップなどはアルバイトが買取したりするので店員の知識にバラツキがあり、安く買い取られることがあります)

 

 

②どんな状態でも買取可能

通常、他店では買取金額からメンテナンスの費用を差し引いた金額を査定費用としますが

 

キガエルでは自社でクリーニング、メンテナンスを行うことにより、販売時のコストを最小限に留めています。

 

 

③独自の販売ルートを多数所持

ブランド、商品状態に合わせて、豊富な販売ルートの中から一番高く売却できるルートを選んでいます。

 

(町にあるリユースショップは良品に限り店頭とネットで販売しますがそれ以外は店舗でのみしか販売しないため、その店舗で売れる価格を基準に安い値段で買取が行われます)

 

 

このように高額での査定ができるポイントが目白押しです。

 

返品した際の送料も無料なのでこちらのブランドを売る際はキガエルを利用してみてはいかがでしょうか。

 

詳しい内容につきましては下記バナーからチェックしてみてください!