CHRISTOPHE LEMAIRE 【究極のシンプル、それゆえの美を追求したクリーンでミニマルなブランド】

CHRISTOPHE LEMAIRE

 

最近ユニクロとのコラボにより、一躍有名となったクリストフルメール。もともとはラコステの再建を担ったり、エルメスでデザイナーを担当したりといった人物。

 

そんな彼が作る服は究極のシンプル。無駄をそぎ落とし、着る人の動きまで計算したその服たちは日常着ながら品のある佇まいを感じることのできる代物。

このブランドの基本情報やデザイン、人気アイテム、中古相場まで大解説!

 

 

 

CHRISTOPHE LEMAIREの基本情報

ブランド名 CHRISTOPHE LEMAIRE (クリストフ ルメール)
デザイナー クリストフ ルメール
フランス
立ち上げ時期 1991~

 

LEMAIRE(ルメール)は1991年にデザイナーのクリストフ・ルメールが立ち上げたフランスのファッションブランドです。

 

 

https://www.fashion-headline.com/article/16642

 

ルメールはクリーンでシンプルなデザインながら機能性も併せ持つミニマルなアイテムが得意なため、生涯に渡って着ていけるほどです。

 

今回はユニクロUでも大人気のルメールについてみていきましょう!

 

CHRISTOPHE LEMAIREの特徴

https://www.fashion-press.net/collections/gallery/47657/823030

 

流行よりも「一生永く着られる服」をコンセプトにしており、洋服のシルエットやエレガンスさを軸に服を製作しています。なので極めてベーシックで洗練されたデザインが多いです。

 

さらに、そのシルエットは身に纏った時の動きまで計算されており、絶妙なボリューム感を感じることができます。

 

そのため究極の日常着といえるほど生活の中に自然に溶け込み、その中で微かにあるルメールらしさが沢山の人々を魅了しています。

 

CHRISTOPHE LEMAIREのデザイナー

https://www.wwdjapan.com/articles/661409

クリストフ ルメールはティエリー・ミュグレー、イヴ・サンローランのデザインスタジオで働き、ジャン パトゥとクリスチャン ラクロワでラクロワのアシスタントとして経験を積み、1991年に自らの名を冠した「CHRISTOPHE LEMAIRE」のブランド設立します。

 

初めはレディースのみでしたが、その3年後にメンズコレクションを発表。クリーンかつミニマルなデザインが評価され人気を博します。

 

そして2002年から2006年の間、スポーツブランドのラコステのアーティスティックディレクターに就任します。ラコステの伝統を守りつつもクリストフ ルメールらしいデザインや色調を活かし、ラコステを再生させます。

https://www.lacoste.jp/

また、ラコステのディレクターに就任した際、自身のブランドを休止していましたが、2007年にラコステのディレクターを引退後に再開します。

さらに2010年に、ジャンポールゴルチエの後継としてエルメスのレディスウェアのアーティスティックディレクターに就任します。エルメスの特徴を素早く理解し、自身が考えるエルメスの特性を表現しています。

https://www.fashion-headline.com/article/7023/72334

彼の作るエルメスの洋服は着る人がその人の一部になるように素材を生かし着心地を追求、美しさに加え、機能美も備えた長く愛される洋服づくりを目指します。

 

そうして2015年に引退、その間休止していた自身のブランドを「Christophe Lemaire」から「Lemaire(ルメール)」に変更し再出発します。

 

それに加え、皆さんご存じのユニクロとのコラボレーション「UNIQLO AND LEMAIRE(UNIQLO U)」を展開します。

 

https://hypebeast.com/jp/2020/8/uniqlo-u-fall-winter-2020-collection-release

 

ここから彼を知った人も多いと思いますがトップメゾンを歩んだ彼のデザインが低価格で買えるということで発売当初は完売続出、モノによっては若干プレ値が付いたこともあるほどの人気でした。

 

人気アイテム コート

 

 

そんな lemaireの人気アイテムはやはりそのルメールらしい品のあるコートです。

ユニクロの初めてのコラボでも即完売。なおかつプレ値が付くほどの人気でした。

 

計算されたシルエット、無駄をそぎ落としたミニマルさ、仕立ての良さに素材、どれをとっても一級品。

流行に左右されることもないので、ぜひとも一生ものコートとして買いたい一品です。

 

定価の値段帯

Tops 約¥20,000~
Bottoms 約¥30,000~
Outer 約¥100,000~

 

CHRISTOPHE LEMAIREの中古相場

CHRISTOPHE LEMAIREを中古で買う場合

 

ルメールの中古相場ですが、名前改名前と改名後で値段が全く違います。

まず改名前のCHRISTOPHE LEMAIREの方は安く出回っています。流行に左右されないとはいえ、当然古いものなので価値は下がります。大体3000~15000円ぐらいで取引されてるみたいです。

 

ただ買うことを考えると今でも使える秀逸なデザインが多くあり、安く手に入ることもあるので掘り出し物が見つかるかも。

 

次に改名後のLEMAIREのほうは最近変わったばかりなのでとても高いです。大体1~8万くらいつく感じです。特にアウターやシャツなどは高くつきやすい傾向です。

査定者によってはLEMAIREをCHRISTOPHE LEMAIREと勘違いして安くつけてしまうこともあるので売る際は注意が必要です。

 

CHRISTOPHE LEMAIREを売る場合

 

先述した通りルメールは名前改名前後で値段が全く違います。

 

「CHRISTOPHE LEMAIRE」の場合は古いお品物なので安い値段でしか売ることができないでしょう。

ただデザインがルメールらしいものであればそこそこの値段で売れますよ。

 

「LEMAIRE」の方はかなり人気なので比較的高く売れます。特にアウター類は大人気なので高価格で売れます。

 

ただ査定者によっては評価にばらつきが多いブランドのため、ハイブランドを専門的に取り扱っている業者に見てもらうことをお勧めします。

 

LEMAIREを売るならこちらの宅配買取がおススメです

元リユース古着店で買取していた僕が利用してみて、買取金額に満足したサイトがこちらです。

 

僕自身店舗にてお客様のお洋服を査定することがありましたが、買取件数が多かったり、点数が多く中々正確に査定ができなかったり、金額の理由を説明できなかったりしていました。

しかし、こちらのKLDでは宅配買取のため、正確に査定ができます。

 

そして僕が古着買取KLDを進める理由は買取が高めという所と一点一点にコメントが付いている所です。

僕自身、店頭買取を利用した際によく思っていたんですが、買取店に洋服を持ち込み、査定結果を長く待ったにも関わらず

「査定金額が安い」「価値を評価してくれていない」「査定金額の理由がわからない」などなど残念な思いをされたことはありませんか?

しかし、こちらのKLDでは一点一点、コメントを付して査定をしていただけますので納得して売ることができます。

 

またKLDではオンラインでの宅配買取と福岡県内2店舗のでの店頭買取を行い、少人数で運営をおこなうことで運営コストを最小限に抑えて、高価買取を実現しているみたいです。

しかも配送キットや返品した際の送料も無料なのでお気軽に試せるので、ぜひこちらのブランドを売る際はKLDを利用してみてください。

 

詳細は下記バナーをチェックしてみてください!

 

中古での値段帯

 

Tops 約¥3,000~
Bottoms 約¥4,000~
Outer 約¥5,000~

*クリストフルメールのアイテムの場合は上記の値段帯です。

中古通販サイト

 

CHRISTOPHE LEMAIRE

楽天

 

ZOZOUSED

 

メルカリ

 

 

LEMAIRE

楽天

 

ZOZOUSED

 

メルカリ

 

古着バイヤーが見つけたおススメアイテム

相場を知り尽くした元リユース古着店の僕が見つけた相場よりも安いおススメアイテムがこちら!

 


ルメールとサンスペルがコラボしたパジャマシャツです。

 

19ssにスタートしたカプセルコレクションのアイテムでルメールがサンスペルのジャージーアンダーウェアや、

 

ボクサーショーツ、パジャマのアーカイブを吟味。

 

その結果サンスペルの素材の伝統継承やイノベーションと、ルメールのコンテンポラリーな美的感覚や

 

ディテールとカッティングへの細やかなこだわりを反映したコレクションとなっています。

 

こちらのアイテムはダブルのポケットや配色のパイピングなどパジャマのディテールを受け継ぎながら、

 

ルメールの手により上品なポプリン生地をプリントした贅沢な一品となっています。

 

定価も5万円ほどと高価だったものが新品タグ付きで一万円ちょいとかなりお安くなっています。

 

ルメールにしては珍しい柄のアイテム、着こなすとかっこいいですよ!

 

ぜひチェックしてみてください!

外部サイト

公式サイト

FASSION PRESS

Farfetch

楽天