GRIFFIN【ミリタリーやアウトドアをベースに現代風アップデートを行うブランド】

GRIFFIN

ミリタリーやアウトドアなどをデザインソースに現代的かつデザインフルにアップデートを行っているブランド。

ミリタリーのミニマルさやアウトドアウェアの機能性などを上手く街着というジャンルに落とし込んでいる。

このブランドの基本情報やデザイン、人気アイテム、中古相場まで大解説!

 

GRIFFINの基本情報

ブランド名 GRIFFIN(グリフィン)
デザイナー ジェフ・グリフィン
イギリス
立ち上げ時期 1994~

 

https://www.mensnonno.jp/news/2012/06/05/9892/?shm-vp=2

GRIFFIN(グリフィン)は1994年にデザイナーのジェフ・グリフィンがイギリスで立ち上げたブランドです。

ミリタリーやスポーツ、アウトドアなどの要素もミックスし、現代のトレンドに沿ったモノづくりを行っています。

 

ちなみに2012年にはGRIFFIN HARTLAND(グリフィン ハートランド)を立ち上げています。

 

ハートランドでは“ラグジュアリー・クラフトマンシップ”をテーマに掲げており、コンセプトは、現代のライフスタイル、ブリティッシュ、スポーツ、モダニティ、ミリタリー、伝統的クラフトマンシップ、そしてアウトドアなど様々な異なるエッセンスの融合というもの。さらにデザイナー本人のライフスタイルも色濃く反映されています。

 

 

GRIFFINの特徴

http://tyo-m.jp/archives/10362

グリフィンの特徴はなんといってもミリタリズム、コンバット、スポーツウェアの要素をミックスしたデザインを生み出しているところです。

 

http://jamool.jp/jamool/news/griffin2009autumnwintercoll.html#1

 

つまりはミリタリーになかった装飾性やトレンド性、アウトドアウェアにあったカラーリングなどをミックスしたデザインになっています。

 

そのため機能的かつおしゃれという男のわがままを叶えたようなブランドとなっています。

 

 

GRIFFINのデザイナー ジェフ・グリフィン

https://openers.jp/fashion/8892

グリフィンのデザイナー、ジェフ・グリフィンはイギリス生まれであのセントラルセントマーチンズ美術学校卒業というものすごい人物です。

 

セントラル・セント・マーチンズといえばジョン・ガリアーノやステラ・マッカートニー、アレキサンダー・マックイーンなどなど今でも第一線を張る大人気のデザイナーなど名門中の名門です。

他にも当サイトで取り上げたクリストファー・ケインガレス・ピューフランクリーダークレイグ・グリーンなどもその卒業生ですね。

 

そんな名門を卒業した彼は1994年に自身の会社「Griffin Laundry」を設立しグリフィンをスタートさせます。

 

ちなみに彼のブランドの特徴であるミリタリーやアウトドアなどをベースに考えるようになったのは80年代ファッションのギラギラと着飾ったファッションへの反骨審から生まれたとか。

 

確かに80年代にはオシャレなスポーティアイテムはなさそうですもんね。そりゃ流行りますわ(笑)。

 

 

多数の有名ブランドとコラボ!

そんなグリフィン、名だたるブランドとコラボしており、どれもこれもかっこいいアイテムばかりです。

WOOLRICH ×GRIFFIN

https://openers.jp/fashion/8892

ウールリッチの機能性に優れたアイテムをグリフィンのデザインによりアップデートされたアイテムをリリースしていました。上記の画像のようにアウトドアウェアをインサイドアウトする流石のデザイン力です。

 

ELEMENT × GRIFFIN

https://web.goout.jp/fashion/73675/

アメリカを代表するスケート&アウトドアブランドの「ELEMENT(エレメント)」とのコラボレーションではアウトドアとミリタリーのコラボをテーマにスタイリッシュかつ機能性にあふれるアイテムを展開していました。

 

そのほかにもBaracuta(バラクータ)やMackintosh(マッキントッシュ)、などなどなど、さまざまな老舗ブランドとのコラボレーションしています。

 

定価の値段帯

Tops 約¥10,000~50,000
Bottoms 約¥30,000~100,000
Outer 約¥30,000~200,000

 

GRIFFINの中古相場

GRIFFINを中古で買う場合

残念ながらブランド知名度が無く、人気もそこまで高くないので中古相場はかなりの格安となっています。なかでもカジュアルアイテムは特に人気が無いので激安となっています。

 

といってもコラボアイテムやアウトドアに使える高機能アイテムに関しては基本的に高額で売られています。といっても定価を考えると安いんですけどね。

 

 

GRIFFINを売る場合

GRIFFINを売る場合、中古相場が高くないので余り高値で売ることは望めないでしょう。

ですので、メルカリなどの個人間取引や宅配買取を利用すると、そこそこの値段にはなるかと思います。

 

ただメルカリなどでは人気が余り高くないので売る際にかなり時間がかかると思います。ですので早く売ってしまいたいのであれば宅配買取がおススメです。

 

GRIFFINを売るならこちらの宅配買取がおススメです

元リユース古着店で買取していた僕が利用してみて、買取金額に満足したサイトがこちらです。

 

僕自身店舗にてお客様のお洋服を査定することがありましたが、買取件数が多かったり、点数が多く中々正確に査定ができなかったり、金額の理由を説明できなかったりしていました。

しかし、こちらのKLDでは宅配買取のため、正確に査定ができます。

 

そして僕が古着買取KLDを進める理由は買取が高めという所と一点一点にコメントが付いている所です。

僕自身、店頭買取を利用した際によく思っていたんですが、買取店に洋服を持ち込み、査定結果を長く待ったにも関わらず

「査定金額が安い」「価値を評価してくれていない」「査定金額の理由がわからない」などなど残念な思いをされたことはありませんか?

しかし、こちらのKLDでは一点一点、コメントを付して査定をしていただけますので納得して売ることができます。

 

またKLDではオンラインでの宅配買取と福岡県内2店舗のでの店頭買取を行い、少人数で運営をおこなうことで運営コストを最小限に抑えて、高価買取を実現しているみたいです。

しかも配送キットや返品した際の送料も無料なのでお気軽に試せるので、ぜひこちらのブランドを売る際はKLDを利用してみてください!

 

中古での値段帯

 

Tops 約¥1,000~10,000
Bottoms 約¥3,000~10,000
Outer 約¥5,000~30,000

 

中古通販サイト

 

 

楽天        メルカリ

 

 

古着バイヤーが見つけたおススメアイテム

相場を知り尽くした元リユース古着店の僕が見つけた相場よりも安いおススメアイテムがこちら!


ミリタリーに定評のあるグリフィンのMA-1です。

 

ミリタリーアイテムの代表格、MA-1をハリスツイードの生地を張り付けたデザインとなっています。

 

最近ではハリスツイードの乱用で相場がかなり落ちていますが、イタリアの仕立てのため格安ブランドのようなチープさはありません。

定価を考えるとかなりの一万円以下とかなり格安で手に入るのでデザインにビビットきた方はぜひチェックしてみてください!

 

 

GRIFFINを取り扱っているショップ

以下のショップで取り扱いがございます。(執筆時に取り扱いのあるショップを取り上げています。正確な情報は店舗に直接お問い合わせください。)

 

Eliminator, Tokyo

〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町26−13 1F GraceDaikanyama,
OPEN 12:00 > CLOSE 20:00
TEL : 03 3464 8144
E MAIL : info@eliminator.co.jp

 

Nanamica, Tokyo

〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町12-8
TEL/FAX:03-5728-3266
OPEN:11:00〜20:00
MAIL:tokyo.store@nanamica.com

 

Estination, Tokyo

チェーン店のため詳細はエストネーションのショップリストをご覧ください。

 

Guji, Kyoto

〒604-8073
京都市中京区六角通柳馬場東入
大黒町72-1六角Nビル1F

11:00-20:00
TEL 075-212-5615
info@guji.jp

 

 

 

外部サイト

公式サイト

FASHION PRESS

Farfetch

楽天